ウォーターサーバーのおすすめの選ぶポイントをご紹介

未分類

家庭でもおいしくて安全な水を飲むことができるウォーターサーバー。しかし、たくさんの種類があり、どのウォーターサーバーにすればよいか悩んでしまう方もたくさんいると思います。そこで、ここではウォーターサーバーのメリット・デメリット、またおすすめの選ぶポイントをご紹介します。

まず、ウォーターサーバー最大の魅力はおいしくて安全な水をいつでも飲むことができるという点です。商品によっては天然水を使用していますし、抗菌や殺菌作用の効果があるため、水道水よりも安全性が非常に高くなります。冷水・温水の機能もついていて、料理などにお湯を使う場合でもすぐに準備することができます。
普段から水に気を使っている方や料理をたくさんするという方、小さなお子様をお持ちの家庭にはとても便利な商品です。
一方でウォーターサーバーにはデメリットもあります。まずは維持費用がかかるということ。特にウォーターサーバーでかかるコストは水の費用と電気代です。水は指定されたボトルを販売する形態が多く、自宅へ届けてくれるため手間はかかりません。その分、普通のお店で販売している水よりは高くなります。また、お湯も常に準備していますので、電気代も意外とかかるのも事実です。
また、ウォーターサーバーは場所もとるため、設置することを考えている場合は注意が必要です。商品によってサイズも異なりますので、まずは設置場所をよく考えるようにしましょう。

ウォーターサーバーの購入を考えている方は、商品によって特徴が異なりますので、注意が必要です。
まずウォーターサーバーの要となる水ですが、水には天然水とRO水の2種類があります。天然水は地下水をくみ上げて浄化された水です。通常の水と比較してミネラルが豊富に含まれていますし、味に敏感な方は水のおいしさも感じることができます。その分天然水は消費期限が短めに設定されていたり、維持するためのコストが高く設定されているケースが多くなります。
RO水は特殊なフィルターでろ過を行った水で、もとになる水は河川水や水道水です。天然水と比較してミネラルは少なめで純水に近いという特徴があります。コストも小さく安くウォーターサーバーを設置したいという方にはおすすめです。
また、水はものによって性質が異なりますので、それもよく知っておく必要があります。特に水には硬度と呼ばれる一つの指標があります。
硬度とは水の硬さを示す指標で、ミネラルの多さを表しています。ミネラルの多い水は硬度が高く、ほんのりとした苦みを感じるのが特徴的です。ミネラルがたくさん含まれているとダイエット効果など体に良い効果をもたらすことがありますが、赤ちゃんなどの消化器官が未発達の子供には不適切となります。一方でミネラルの少ない水は軟水と呼ばれ、一般的に飲みやすいといわれています。料理やコーヒーなどの飲み物にも適していますが、ミネラルが少ないため、硬水よりも健康効果には期待できません。ウォーターサーバーの設置を考えている方は、水の性質にも注目しましょう。

次にウォーターサーバーにはボトルタイプがあります。大きく分けると回収型と使い切り型の2種類があり、どちらもメリット・デメリットがあります。
まず回収型は使用済みのボトルを回収するタイプで、使い切り型と比較してコストは安く抑えることができます。その分使用済みボトルの回収に来るまで自宅に置いておかなければなりませんし、消費期限もやや短くなります。
一方で使い切り型は使用済みボトルの回収が必要なく、ごみとして捨てることができますので手軽です。また、回収型と比較してボトルの重量も小さくなりますので、交換しやすいというメリットがあります。しかし、コスト的には回収型よりも高くなります。ウォーターサーバーの水に場所をとられたくない方は、使い切り型を選択することをおすすめします。

ウォーターサーバーの形には卓上型と床下タイプがあります。卓上タイプはサイズ的にも小さく、コンパクトなタイプです。テーブルの上なども使用することができ、使い勝手は床下タイプよりも良くなります。しかし、あまり高い位置に置きすぎるとボトル位置が高くなり、ボトル交換が大変になる可能性がありますので注意が必要です。
床下タイプはボトルの交換も容易です。しかし、給水位置が低かったり場所をたくさんとる必要があったりとデメリットもあります。形に関しては個人の好みがありますので、自分に合ったタイプを選択しましょう。

また、ウォーターサーバーにはいくつかかかる費用があります。
まず初期費用ですが、設置費用やサーバーのレンタル費用が挙げられます。しかし、最近のウォーターサーバーは初期費用がかからないことが多く、初期コストは小さくて済みます。しかし、業者によっては初期費用がかかる可能性もありますので、注意しましょう。
次に水の費用です。水は指定された水を購入し、設置しなければなりません。1か月に利用する水の量が多いほど、水1本あたりにかかるコストも小さくなるという特徴がありますので、たくさん使用する方はそれだけお得になります。ここで注意する点は水の使用量があまりにも少ないと、別途費用がかかる可能性があるということです。例えば水の配送料は一定本数を購入しないと無料にならなかったり、その他の手数料を請求される可能性もあります。ウォーターサーバーのレンタル費用を無料にしている場合、これらの縛りも大きくなります。
また、電気代は月に400円~1000円程度かかるのが一般的です。電気代としてはたかくかかる方だと思いますので、注意しましょう。さらにウォーターサーバーには一定期間の縛りがあります。多くは2年の縛りがあり、期間内の解約は違約金が発生する可能性もあります。

ここまで説明していましたが、選ぶポイントとしては値段とウォーターサーバーの形、そして水の種類が最も大切です。
値段はご家庭のお財布事情と相談して決めるとして、ウォーターサーバーの形は自分の好みに合わせて選択しましょう。最近ではスタイリッシュなデザインもあり、形で選ぶのもありだと思います。サイズが大きい分、家具として部屋のデザインに一役買うこともあるかもしれません。
水の種類は前述したとおり、天然水かRO水かの選択です。子供のいる家庭はRO水を選択し、水をそのまま飲みたい方、健康に気を使っている方は天然水を選択しましょう。

最後にウォーターサーバーは業者によって配送可能な地域が限定されている可能性があります。これは水の配送を定期的に行う可能性があるためです。
また、配送業者によっては不在時に配送してくれなかったり、時間帯を指定できなかったりすることがあります。ウォーターサーバーを利用するうえで水は必要不可欠ですので、このあたりも選ぶための重要なポイントです。
ちなみにウォーターサーバーの機能面ではほとんどの機種が同じですのでそこまで心配する必要はありません。温水・冷水機能やチャイルドロックなどはほとんどの機種についています。

いかがでしたでしょうか。
ウォーターサーバーは家庭の水の使い方をより便利にしてくれる他、料理などをより楽しくさせてくれる良いアイテムです。場合によってはコストが大きくなる可能性もありますが、初期費用などはほとんどかかりませんので、興味のある方は一度試してみると良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました